旅行と一緒に

ケーキにイチゴでハート

今の時代、海外旅行に行きたくても仕事の休みが取れないとか、お金がないという人が多いです。しかし、そんな状況の人でも結婚旅行は海外に行くチャンスです。
というのも、ウェディングの時ぐらいは会社は結婚休暇であったり有給休暇を取らせてくれることが多いからです。ですからハネムーンのために休暇を取ることができます。
それではお金はどうしたらよいでしょうか。それもとてもありがたいことに親族や家族、友人からご祝儀をいただくことができます。
結婚式や披露宴、また新居のために一時的にお金は払わなければなりませんが、ご祝儀のほうがたいていは上回るものです。冠婚葬祭となると思い切ってお祝いのお金を弾んでくれる人も多いですので、旅行に行く余裕も出てくることでしょう。
普段海外旅行なんてできないと思っている人でも結婚という機会に行くことが出来る可能性が高いのです。そして海外に行くメリットは、やはり夫婦で非日常を味わうことによってより絆を深めることができます。
この機会を逃すべきではありません。

日本人がハネムーンで海外に行ったのは、だいたい1960年代からでしょう。
当時は海外といえば、ハワイに行くカップルが多かったようです。
日本語も通じますし、何よりそんなに遠くないです。
また、常夏の雰囲気がとてもロマンチックでハネムーンにピッタリです。
1970年代もハワイに行くカップルが多かったですが、2000年代に入ってからもやはりハネムーンはハワイに行くカップルが多いです。
しかし、1990年代になるとシンガポールやタイなど東南アジアにハネムーンに行くカップルも増えてきました。
また、アメリカ本土やヨーロッパに行くカップルもぼちぼちみられるようになりました。
2000年代になると南半球が人気があり、ボラボラ島であったり、タヒチ、オーストラリア、ニュージーランドにも行くカップルも増えてきました。
このように、最初は結婚旅行といえばハワイだったのが、今ではバラエティに富んでいます。